カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

台湾銘茶高山茶(無農薬)ティーバッグ茶器ギフト

HOME > 台湾銘茶 > 金萱茶
金萱茶金萱茶

金萱茶(特級)

品種:金萱(台茶12号)
産地:南投縣竹山鎮 海抜700m
収穫方法:手摘み
発酵度:25〜30%
焙煎:軽焙煎

 


金萱茶人気の新品種、金萱種からつくられたお茶です
金萱茶とは、1981年に生まれた金萱種または台茶12号と呼ばれる新品種の茶葉から作られています。この品種は台湾省茶業改良場が長い年月をかけて開発したもので、独特のミルキーな香りや甘みから台湾で好んで飲まれるようになりました。また、金萱種は、環境に強く栽培しやすく、収穫量が多いため、台湾各地で栽培されるようになり、今では、台湾を代表する凍頂烏龍茶の品種である青心烏龍に次いで第2位の生産量を誇っています。金萱茶は、春茶が最も香りよいといわれています。
 


南投縣竹山鎮
凍頂烏龍茶の産地として名高い南投縣鹿谷郷の隣に位置する南投縣竹山鎮は、「竹山烏龍茶」や「杉林渓茶」という名で知られる高山茶で有名です。この茶区は、鹿谷郷に近いことから、凍頂烏龍茶の生産が最多ですが、近年、新品種の翠玉茶や金萱茶も栽培されるようになりました。

 

金萱茶茶葉・香り・味の特徴は

茶葉   深い緑色をした茶葉。球状に固く丸められています

水色   透明感のある淡い黄緑色です

香り    まったりとした、バニラのような甘い香りがします

味     さっぱりとしたのみ口で、爽やかな味わいがですが、ミルキーな甘さも柔ら
        かに感じることができるお茶です。
 

こんなときにこのお茶がおすすめです
リフレッシュしたいとき
ストレスを解消したいとき
午前・午後のティータイム。さっぱりとした甘みのデザートをいただきながら
食後のお茶として


こんな茶器でお楽しみください
香り高いお茶です。蓋碗と聞香杯、飲用杯を使って香りを楽しみならお召し上がりください。
 


このお茶の淹れ方
100℃の沸騰した熱湯を使って淹れるとおいしく淹れられます。

  1. 蓋碗をお湯で温めます。その後、蓋碗の底を敷きつめるくらいの茶葉を蓋碗に入れます
  2. 高い位置から7分目くらいまで勢いよくお湯を注ぎいれ、蓋をして蒸らします。1煎目で1分ほど蒸らします。
  3. 茶海、聞香杯、飲用杯を温めます
  4. 蓋碗の蓋をずらして(やけどをしないように注意してください!)、茶海に低い位置からお茶を注ぎます
  5. 茶海のお茶を聞香杯に注ぎます。
  6. 蒸らし時間は、2煎目は、1分半、3煎目は、2分、4煎目は、3分位です。お好みに応じて調整してください。4〜5煎目までおいしくいただけます。

     

こんな楽しみ方も!
冷やしていただいてもとてもおいしいです

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜4件 (全4件)

1件〜4件 (全4件)

ページトップへ