カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

台湾銘茶高山茶(無農薬)ティーバッグ茶器ギフト

HOME > 台湾銘茶 > ジャスミン茶
  
ジャスミン    

品種:青心烏龍

産地:文山 海抜500

収穫方法:手摘み

発酵度:15%

茶樹齢:20年位

ジャスミン茶 ジャスミン

台湾で最も古い歴史を持つ茶区、文山で栽培された茶葉を使用しています:

台湾北部の文山茶区は、台湾の四大茶区のひとつで、台湾で最も古い歴史を持ちます。線状によった烏龍茶、文山包種茶の産地として有名で、坪林郷、石郷、烏来郷や平渓郷、新店などの地域を含みます。


ジャスミン茶

ジャスミン茶はこうしてつくられます

香りが一番強いときに摘み取られたジャスミンの花と茶葉を交互に積み重ね、ジャスミンの香りを茶葉に浸透させます。一日たったら花が萎れてしまうのでこれらを取り除き、新しい花と茶葉をさらに交互に積み重ね、香りを浸透させます。こちらのジャスミン茶は、これを4回以上繰り返し、丁寧に香りを浸透させています。さらに、その都度新しく新鮮なジャスミンを使用するこだわりで、豊かな香り・味わいが生みだされます。

 

文山包種茶がベースになっています

ジャスミン茶は緑茶でつくるのが一般的ですが、当店のジャスミン茶は、手摘みで収穫された文山包種茶に香り付けを行っています。文山包種茶は、その茶葉自体が甘い花のような香りや味わいを持ち、緑茶のような苦味、渋みがほとんどありません。そのため、こちらのジャスミン茶も渋み、苦味のすくない、まろやかな味わいに仕上がっています。

 

茶葉・香り・味の特徴はジャスミン

茶葉     細長くよってあります

水色     薄いオレンジ色です

香り      とても芳しい可憐なジャスミンの花の香りがします

         渋み・苦味が少なくすっきりとしたまろやか味わい
     で、ジャスミンの花の香りが口の中に広がります。

 

こんなときにこのお茶がおすすめです

リラックスしたいとき

濃い味付けの料理をいただいているとき 

リフレッシュしたいとき

午後のティータイムに

集中力を高めたいときに

 

こんな茶器でお楽しみください

磁器の急須や蓋碗でお楽しみください。


このお茶の淹れ方

少し低めの90℃前後のお湯でおいしく淹れられます。沸騰したお湯を12回ピッチャーで入れ替えるとちょうど90℃くらいになります。

1.   蓋碗をお湯で温めます。その後、蓋碗の底を敷きつめるくらいの量の茶葉を蓋碗に入れます

2.   高い位置から7分目くらいまで勢いよくお湯を注ぎいれ、蓋をして蒸らします。1煎目で1分ほど蒸らします。

3.   茶海と飲用杯を温めます

4.   蓋碗の蓋をずらして(やけどをしないように注意してください!)、茶海に低い位置からお茶を注ぎます

5.   茶海のお茶を飲用杯に注ぎます。

蒸らし時間は、2煎目は、1分半、3煎目は、2分、4煎目は、3分位です。お好みに応じて調整してください。4〜5煎目くらいまでおいしくいただけます。

 

こんな楽しみ方も!

水出しで淹れると甘み・うまみ・香りが溶け出し、とても香りの良い甘みのあるおいしいお茶がはいります。3gの茶葉を1リットルの水に入れて6時間ほどで飲み頃になります。暑い夏に是非お試しください。

 

紅茶のような感覚でお砂糖やシロップ、ハチミツを入れていただくと、香り・甘みがきわだちとてもおいしいです。

     

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜4件 (全4件)

1件〜4件 (全4件)

ページトップへ